短期ダイエットでもリバウンドしないblog

短期のダイエットでリバウンドしないためには体全体に筋肉をつけましょう

私は学生時代漫画の主人公の大きなお弁当を持ってくる野球少年に体型がにているので太郎というあだ名をつけられていました。私は特に太っていることは気にしていなかったのでダイエットはしていなかったのですがアルバイトをきっかけに10キロほど痩せ10年ほど経ったいまでも維持しています。

 

その理由は体全体に筋肉をついたからだと考えています。ダイエットをして痩せるためには大きく別けて2つ方法があります。

 

1つは1日の消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすることです。しかし短期で結果を求めてしまうあまり断食同然の食生活を送ると体が危険を感じてしまいカロリーを消費しにくい体になってしまいなかなか痩せない体になってしまいます。さらに断食同然の食生活に我慢できなくなってしまった場合、今までの反動で沢山食べてしまいリバウンドしてしまう可能性もあります。

 

一方、もう1つの痩せる手段の消費カロリーを増やす方法の場合ですが、一般人が行うような運動では大して消費カロリーは増えないのでなかなか効果を実感することができません。

 

そこで重要なのが筋肉をつけることです。筋肉をつけるためにはそれなりの運動をしなくてはいけないため運動により消費カロリーが増えダイエットに効果があります。また筋肉量が増えると代謝が上がり何もしなくても消費カロリーが増えるのでリバウンドしない体になります。

 

ダイエットの目的は引き締まった体を作ることですが、筋肉をつけることは引き締まった体を作ることに効果的です。筋肉を増やすのは簡単ではありませんが、私の場合アルバイトで物を運ぶ仕事をしていました。物を運ぶ事は腕や腰、もちろん足と体全体を使うので体全体の筋肉量が増えました。